社会保険の未加入

平成24年11月より新規の建設業許可、更新、追加申請の場合は保険加入状況を記載した書類の添付が必要となり、健康保険、厚生年金、雇用保険加入の有無をを申告しなければなりません。

これは今すぐ社会保険に加入していなければ、「受付すらしてもらえない」「許可も出さない」というわけではなく、社会保険未加入の建設業者に対して指導がされるようになります。

この対策は実施後5年を目途に許可業者の加入率100%を目指しているようです。


下記は、「社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインに関するQ&A」より抜粋。

問1 今後現場から社会保険未加入企業が排除されるのか

答 社会保険未加入問題への対策は、平成28年度までの目標期間 5年間の中で、行政・業界が一体となって取り組むことにより、平成29年度には、企業単位では加入義務のある許可業者について加入率100%を、労働者単位では製造業相当の加入状況を目指そうとするものであり、今直ちに未加入業者の排除が求められているわけではありません。

しかしながら、これを目標に見据えつつ段階的に取り組みを進めることとしており、今後建設企業に対する周知啓発を行いつつ、
許可行政庁による指導や、元請企業による施工体制台帳や再下請負通知書、作業員名簿を活用した加入指導が進められ
ることになります。
そして、「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」では、遅くとも平成29年度以降においては、健康保険、厚生年金保険、雇用保険の全部又は一部について、適用除外でないにもかかわらず未加入である建設企業は、下請企業として選定しないとの取扱いとすべきであるとされています。


経営事項審査における保険未加入企業への減点措置

平成24年7月1日より社会保険未加入の場合、経営事項審査において社会性等(労働福祉の状況)に係る評価の項目及び基準が見直されました。

  • 評価項目中「健康保険及び厚生年金保険」を、「健康保険」と「厚生年金保険」に区分し、各項目ごとに審査。
  • 「雇用保険」、「健康保険」及び「厚生年金保険」の各項目について、未加入の場合それぞれ40点の減点(3保険に未加入の場合120点の減点)。

※当事務所では社会保険労務士業務として社会保険加入手続きを代行しておりますので、お気軽にご相談ください。







下記のような場合には行政書士をご利用ください。

  • 建設業許可の要件に該当しているかわからない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 建設業許可の更新が迫ってきた。
  • 決算報告届を届出しなければならない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。

建設業許可申請・更新・変更手続きのお申込み

建設業許可申請・更新手続きのお申し込みはこちらです。御見積も無料となっております

建設業許可申請・更新手続きに関する書類作成や手続きなどを承っております。
御見積りも無料となっておりますのでお気軽にお申込みください。


建設業許可申請・更新・決算報告手続きの相談のお申込み

行政書士への相談を承っております。お気軽にご相談ください

行政書士への建設業許可申請・更新手続きに関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。


建設業許可申請・更新・決算報告業務の対応地域のご案内

行政書士、社会保険労務士業務の対応地域

  • 建設業許可申請・更新手続き、決算報告届出は、札幌市内・近郊・北海道内対応となっております。来所して頂くことが困難なお客様は、「郵便」「お電話」「インターネットメール」を駆使して建設業許可のお手伝いをさせて頂きます。また、直接ご相談をご希望のお客様は、ご相談をさせて頂いたうえで依頼されるか検討して頂ければと思います。
  • 北海道 札幌市 石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市 旭川市 帯広市 釧路市 函館市など

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ